title

切手コレクションを売ったときの話

数年前のことですが、祖母の葬式が終わって遺品整理を手掛けていたときに、アルバムなどと交じって切手コレクションが出てきました。それは生前の祖母が古い切手を収集していたものであり、たくさん出てきたので驚いたのです。切手コレクションは祖母が大正から昭和時代にかけて集めた物だと思います。どの切手もプレミアム価値が付きそうな物ばかりだったので、このままにしておくのが非常にもったいないと思ったのです。しかしながら、どうすればいいのか分からなくて困っていたら、父が切手買取専門店に買い取って持ったいいのではないかと提案をしてくれました。すぐにインターネットで調べてみると、良さそうな切手買取専門店が見つかったので、すぐに買い取りの依頼をしたのです。宅配買取サービスを依頼して、宅配キットを送ってもらいました。その中に切手コレクションを詰めて送るだけで査定をしてもらえたので、とても便利なサービスだと思いました。